V8フェラーリカテゴリの記事一覧

ディーノ308GT4

フェラーリの自動車の中で、メインの車種になるV8フェラーリの
人気は非常に高いです。

フェラーリと言えば、12気筒モデルがフラッグシップモデルとして、
これまでずっとフェラーリを引っ張ってきたのですが、

12気筒フェラーリより、より身近なのはスモールフェラーリ
と言われているV8気筒のフェラーリです。

ディーノ206GT、246GTを経て、V8エンジンを
初めて、搭載したディーノ308GT4が登場したのは

1973年のパリ・サロンでした。

エッジのきいたいわゆるウエッジシェイプの308GT4
をデザインしたのは、それまでのディーノ204,246GT

をデザインした、ピニンファリーナではなく、
ベルトーネのデザインによるものでした。

そのため、あの美しい曲面の246GTとの共通性など
何も無い、直線的なラインのデザインでした。

それは、当時のデザインのトレンドが、曲線を使うより、
直線的な、ウエッジシェイプのデザインが

より人気があったと言うことで、フェラーリとしても
時代の要請で、あのデザインになったということでしょう。

今となっては、デザイン的に人気の無いモデルになりました。