フェラーリのf1ドライバー

フェラーリといえばモータースポーツ、なかでもF1グランプリでの活躍はファンでなくとも有名ですが、ことしのスクーデリア・フェラ

ーリは苦戦しているようです。

フェルナンド・アロンソは現在ドライバーズポイントランキングで2位ですが、1位のベッテルとはシンガポールグランプリが終わった時

点で60ポイントの差がついていて、ほとんど絶望的な点差だといわれています。

このところフェラーリはライコネンが優勝して以来、チャンピオンシップを取っていないので、そろそろ奪還して欲しいのですが、
このままだとちょっと厳しいようです。

ただ来年からは現行の2,4リッターV8から1,6リッターターボ過給エンジンに変更になるので、当然それに見合ったシャーシが必要

になり、レッドブルも今までの独走というわけにはいかないかもしれません。

レギュレーションの変更でのメリット、デメリットもあるので、いろいろ来シーズンは楽しみがありそうです。
もうひとつ、ドライバーがマッサに代わって、キミ・ライコネンがシートに座るので、
アロンソとのチーム内バトルもあれば、それはそれで面白くなりそうです。

実際、ライコネンとアロンソのフェラーリをめぐっての前回の因縁がどうレースに影響するのかも気になります。
ただ、まだアロンソについては他チームへの電撃移籍とかいろいろなうわさが飛び交っているので、
それもどうなるか、ちょっと興味深いところではあります。

フェラーリはF1で活躍するのもひとつの使命ですので、来年あたりはぜひチャンピオンシップをものにして欲しいものです。

キミ・ライコネン総合優勝

フェラーリのキミ・ライコネンがついにやってくれました。
ほとんど奇跡に近い、F1グランプリ総合優勝、初のドライバーズチャンピオンです。

今年は、前評判が非常に高かったフェラーリでしたが、
速さよりも、問題は信頼性でした。

それに、アロンソガ加入したとはいえ、マクラーレンがあんなに強いとは、
わたしも予想していませんでした。

開幕戦こそ、フェラーリのキミ・ライコネンが優勝して、
このまま波に乗るかと思われましたが、

それ以来、なかなか勝てませんでした。

しかし、最後の追い上げはすごかった。
もちろん、マシンの信頼性の向上もあり、フェラーリのメカニックや

スタッフの努力で、すばらしい状態に仕上げ、
それに答えるように、ドライバーが、最高の仕事をして、

結果、最後にはフェラーリが、コンストラクターズ、ドライバーズ
両方のチャンピオンシップを獲得することが出来ました。

フェラーリの帝王、シューマッハがF1を去って、
これから、簡単には勝たせてもらえないだろうと思っていましたが、

苦戦はしたものの、今シーズン、キミは6勝をあげて、
堂々たる、チャンピオンだと思います。

また、来年のフェラーリの活躍がとても楽しみです。

ライコネン優勝

中国グランプリでフェラーリのキミ・ライコネンが優勝しました。
おまけにドライバーズポイント1位のハミルトンが

まさかのリタイアしました。まだチャンピオンの可能性は
ライコネンにも残されています。

いよいよ次のブラジルグランプリが今年最後のレースとなるので、
フェラーリの二人のドライバーには是非がんばって欲しいです。

フェラーリのチームの優勝、つまりコンストラクターズの
チャンピオンシップはフェラーリに確定しているので

あとドライバーズチャンピオンシップもフェラーリが取って
ダブル優勝といきたいものです。

しかし、日本グランプリに続いて、中国グランプリも
雨のレースで、とても波乱含みではらはらしましたが、

さすが、最近乗りに乗っているフェラーリのキミ・ライコネン
ですので、意外に今日は安心して見ていられました。

去年のシューマッハもチャンピオンが取れなかったので
今年こそはと思っているのですが、

まだ厳しい状況は続いています。
フェラーリのダブル優勝、本当に欲しいですね。

日本グランプリ結果

フェラーリのドライバーズポイントで、キミライコネンが
3位表彰台をゲットしましたが、

マクラーレンの新人、ルイスハミルトンが優勝したので、
かなり厳しくなってきました。

雨のグランプリが、レースにかなり影響したようです。

レース自体は、そのおかげで面白くなりましたが、
フェラーリにとっては残念な結果に終わりました。

もうひとりのフェラーリのドライバー、フェリペ・マッサは
終盤3位を走っていたのですが、

燃料が少し足りなかったようで、ピットインをしたので、
後方に順位を下げました。

しかし、フェラーリのドライバー2人とも、
さいごの2〜3周のバトルはなかなか見ごたえがありました。

特にマッサのゴール寸前のバトルはなかなか面白かったです。
BMWのクビサとの争いでしたが、

どちらも譲らないで最終コーナーまで戦ったのは
さすがF1のドライバーの腕と集中力のすごさだと感心しました。

今日のレースは、天候の影響で、それが味方した人と
そうでなかった人の差がでた様に思います。

せめて、あと2レース、フェラーリが勝って
有終の美を飾って欲しいものです

F1日本グランプリ開幕

F1日本グランプリ、富士スピードウエイで30年ぶりに
ついに開催されます。

今日は、金曜日ですので、最初のフリー走行です。
フェラーリのキミ・ライコネンが、1回目のフリー走行
トップタイムを記録しました。

前評判では、マクラーレン有利と言ううわさが流れていたので、
心配していましたが、さすがフェラーリ、
この富士スピードウエイにもマシンを合わせてきたようです。

フェラーリの2台がワンツーですので、間違いなくいけそうです。

もちろんマクラーレンもこのままでは終わらないでしょうから、
楽観視は出来ませんが、フェラーリもまだあと2回

フリー走行が残されていますので、セッティングを完璧にして、
予選でもフロントロウを独占して欲しいです。

フジテレビの721では、このあと2回目のフリー走行も
生中継するので、とても楽しみです。

フェラーリのドライバーズチャンピオンの獲得は
かなり厳しいものがありますが、

少なくとも、日本で勝って望みをつなげたいところです。
フェラーリを応援しましょう。

首の皮一枚

フェラーリがパーフェクトな勝利でした。
ワンツーフィニッシュは今期初めてだそうです。

フェラーリのコンストラクターズ・チャンピオンも決定です。
ここでフェラーリがマクラーレンに負けたらほとんどフェラーリの
ドライバーズポイントのチャンピオンシップの優勝はなくなるので、

今回は勝って次の日本グランプリに望みをつなげたのは
本当にうれしい結果です。

ここ一発のフェラーリの強さは本物ですが、
やはり、マクラーレンに比べて、フェラーリは今年に限っては
信頼性のなさが、足かせのようになっています。

あと3戦なんとか、トラブルのないように、このままいければ、
まだ望みはあります。

しかし、やはり今回のベルギーGPのサーキット・ド・スパ-フランコルシャンでの
キミ・ライコネンは、ここでの3連勝ということで、
難しいサーキットとされるこのサーキットで勝ち続けることで、
キミの強さが、よくわかると思います。

フェラーリにアロンソが加入して、昔のセナとプロストのように、
どちらが速いか競わせるととても面白いと思うのはわたしだけでしょうか。

とりあえず、今年はフェラーリが残りの3戦を勝ち続けることが
まずは一番ですが。

今年のF1

フェラーリは何といってもF1人気が高いメーカーで
宣伝広告という意味でも、フェラーリはほかの自動車メーカーより、

F1の比重が高い、というより、勝つことで、
フェラーリのクルマの商品価値が、つまり市販車のイメージも上がる
ということがあるようです。

ですので、フェラーリがF1で勝つのは宿命付けられているように思います。

もちろんフェラーリが、F1グランプリのエントリー車の中で、
一番、人気があるのも事実です。

わたしは、キミ・ライコネンのファンで、
フェラーリが好きですが、それとは別に、
キミがマクラーレンに乗っていたときからのファンで、

ドライビングスキルでは、アロンソと互角のものがあると思っていますが、
運が向いてこないというか、何か、ついていないことが多いように思います。

マッサよりも技術的にはフェラーリのドライバーとして、
勝っていると思いますが、今年はフェラーリ1年目で、

少しフェラーリに慣れていないこともあって、
なかなか思うようにいかないようです。

トルコでも、ペースはマッサより上回っていたと思うのですが、
マッサの前に出ることが出来ず、2位に終わったのは残念です。

キミ・ライコネン

思った通りの結果になりました。
F1の開幕戦、オーストラリアグランプリに於いて、
キミ・ライコネンが、フェラーリF2007で優勝しました。

フェラーリが一歩リードしているというのは聞いていたのですが、
F1のレースはふたを開けて見なければ、何があるかわからない
というのが、常識ですから、この結果はやっぱりすごいです。

フェラーリといえども、信頼性に於いて、予選でマッサが
ギアを壊して、リタイアしたのを見てもわかるように
完璧というわけにはいかないので、
ゴールするまで、マシンが止まらないかとはらはらしましたが、

その心配をよそに、ポールトゥフィニッシュを成し遂げました。
今年こそフェラーリがチャンピオンシップを独占してほしいです。

しかし、マクラーレンもさすがにアロンソを擁して
2位にはいっていますし、3位にはなんと新人のルイス・ハミルトンが
F1デビュー戦でいきなり表彰台という
すばらしい成績を上げていて、油断はできません。

ドライバーから見れば、一番注目されている二人が
マクラーレンにいるので、フェラーリもうかうかしていられません。

私はキミのファンで、マクラーレンの時代から応援していたのですが、
今度、好きなフェラーリチームに移ってとても喜んでいます。

しかし、マッサのマシンが壊れたとはいえ、マッサがフェラーリでは上だろうと
いわれていたのに、初戦では優勝するあたりは
並みのドライバーではないということでしょう。

いずれにしても、フェラーリのドライバー二人が、
優勝争いするくらいになると良いのですが・・・