フェラーリのf1ドライバー

フェラーリといえばモータースポーツ、なかでもF1グランプリでの活躍はファンでなくとも有名ですが、ことしのスクーデリア・フェラ

ーリは苦戦しているようです。

フェルナンド・アロンソは現在ドライバーズポイントランキングで2位ですが、1位のベッテルとはシンガポールグランプリが終わった時

点で60ポイントの差がついていて、ほとんど絶望的な点差だといわれています。

このところフェラーリはライコネンが優勝して以来、チャンピオンシップを取っていないので、そろそろ奪還して欲しいのですが、
このままだとちょっと厳しいようです。

ただ来年からは現行の2,4リッターV8から1,6リッターターボ過給エンジンに変更になるので、当然それに見合ったシャーシが必要

になり、レッドブルも今までの独走というわけにはいかないかもしれません。

レギュレーションの変更でのメリット、デメリットもあるので、いろいろ来シーズンは楽しみがありそうです。
もうひとつ、ドライバーがマッサに代わって、キミ・ライコネンがシートに座るので、
アロンソとのチーム内バトルもあれば、それはそれで面白くなりそうです。

実際、ライコネンとアロンソのフェラーリをめぐっての前回の因縁がどうレースに影響するのかも気になります。
ただ、まだアロンソについては他チームへの電撃移籍とかいろいろなうわさが飛び交っているので、
それもどうなるか、ちょっと興味深いところではあります。

フェラーリはF1で活躍するのもひとつの使命ですので、来年あたりはぜひチャンピオンシップをものにして欲しいものです。