キミ・ライコネン総合優勝

フェラーリのキミ・ライコネンがついにやってくれました。
ほとんど奇跡に近い、F1グランプリ総合優勝、初のドライバーズチャンピオンです。

今年は、前評判が非常に高かったフェラーリでしたが、
速さよりも、問題は信頼性でした。

それに、アロンソガ加入したとはいえ、マクラーレンがあんなに強いとは、
わたしも予想していませんでした。

開幕戦こそ、フェラーリのキミ・ライコネンが優勝して、
このまま波に乗るかと思われましたが、

それ以来、なかなか勝てませんでした。

しかし、最後の追い上げはすごかった。
もちろん、マシンの信頼性の向上もあり、フェラーリのメカニックや

スタッフの努力で、すばらしい状態に仕上げ、
それに答えるように、ドライバーが、最高の仕事をして、

結果、最後にはフェラーリが、コンストラクターズ、ドライバーズ
両方のチャンピオンシップを獲得することが出来ました。

フェラーリの帝王、シューマッハがF1を去って、
これから、簡単には勝たせてもらえないだろうと思っていましたが、

苦戦はしたものの、今シーズン、キミは6勝をあげて、
堂々たる、チャンピオンだと思います。

また、来年のフェラーリの活躍がとても楽しみです。