日本グランプリ結果

フェラーリのドライバーズポイントで、キミライコネンが
3位表彰台をゲットしましたが、

マクラーレンの新人、ルイスハミルトンが優勝したので、
かなり厳しくなってきました。

雨のグランプリが、レースにかなり影響したようです。

レース自体は、そのおかげで面白くなりましたが、
フェラーリにとっては残念な結果に終わりました。

もうひとりのフェラーリのドライバー、フェリペ・マッサは
終盤3位を走っていたのですが、

燃料が少し足りなかったようで、ピットインをしたので、
後方に順位を下げました。

しかし、フェラーリのドライバー2人とも、
さいごの2〜3周のバトルはなかなか見ごたえがありました。

特にマッサのゴール寸前のバトルはなかなか面白かったです。
BMWのクビサとの争いでしたが、

どちらも譲らないで最終コーナーまで戦ったのは
さすがF1のドライバーの腕と集中力のすごさだと感心しました。

今日のレースは、天候の影響で、それが味方した人と
そうでなかった人の差がでた様に思います。

せめて、あと2レース、フェラーリが勝って
有終の美を飾って欲しいものです